東 千晴 ブログ

平成30年7月豪雨から一年

2019/7/15 (月)

岐阜県内にも大きな被害があった昨年の7月豪雨から一年がたちました。

 

災害から私たちは何を学んだのか。

 

岐阜市内を流れる石田川周辺で

取材させていただきました。

 

 

一見すると、穏やかに流れる川。

 

しかし、ひとたび豪雨となれば急激に水位が上がり、

氾濫する可能性もあります。

 

そこで活用したいのが 岐阜県が管理する河川に整備されている

危機管理型水位計

 

 

石田川にはこんな感じで設置されています。

 

この水位計に貼ってあるQRコードを読み取ると、

その川の水位情報がリアルタイムで確認できるんです!

 

 

県内143の河川、161箇所に設置されています。

 

増水時、川の様子を見に行くのは危険です。

ぜひスマホから確認できるこのシステムを活用ください。

 

岐阜県では浸水の危険性を地図で色分けして示した

「水害危険情報図」も表しています。

 

日頃の備えに生かしたいですね。

 

 

 

▲ページトップへ戻る