藤井 裕生 ブログ

100回記念大会の頂点

2018/7/27 (金)

 

 

第100回全国高校野球選手権記念岐阜大会。

 

 

今年も素晴らしい熱戦が、県内各球場で繰り広げられました!

 

 

 

 

 

頂点に立ったのは、2年連続5度目の夏の甲子園出場となる

 

 

大垣日大でした!!

 

 

 

 

 

 

 

試合後に大垣日大阪口慶三監督が、

 

 

「この上ない幸せ」と流した涙が印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

競技人口の減少が深刻となる中、

 

 

『 野球っていいな 』と、改めて思いました。

 

 

 

 

 

岐阜大会初のタイブレークとなった

 

 

 

大垣養老 対 岐南工業

 

 

 

 

 

両校の一歩も譲らない戦いに、胸がアツくなりました。

 

 

 

 

 

この試合の実況を担当させていただき、本当に幸せでした。

 

 

 

 

 

 

 

試合後、大垣養老主将と。

 

 

 

主将としてチームを全力で引っ張る姿に、

 

 

素晴らしいキャプテンシーを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

延長15回タイブレーク、4時間39分の死闘。

 

解説を担当された朝日大学硬式野球部監督藤田明宏さんと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準々決勝・市立岐阜商業岐阜の一戦で解説を担当された

 

 

岐阜大学硬式野球部総監督福井雅一さんと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準決勝・大垣日大岐阜第一の試合、ラジオ中継でご一緒した

 

 

岐阜経済大学硬式野球部監督小森茂さんと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球を通して様々な出会いあり、感動あり。

 

 

 

 

やっぱり野球っていいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台は甲子園

 

 

岐阜県代表・大垣日大の活躍を願っています☆

 

 

 

がんばれ!大垣日大!!

 

 

 

がんばれ!!高校球児!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やる気・元気・ぼく、ゆうき☆

 

 

 

 

 

▲ページトップへ戻る