藤井 裕生 ブログ

繋ぐ

2019/3/13 (水)

 

 

 

第43回日本ハンドボールリーグ

 

飛騨高山ブラックブルズ岐阜

 

 

 

 

 

 

今季・リーグ最終戦の舞台は大阪

 

 

 

 

 

初のプレーオフ進出はなりませんでしたが、

 

 

今季の締めくくり。そして、特別な思いで臨む試合。

 

 

 

 

 

一緒に取材に行ったディレクターも、私も、特別な思いがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今季のチームスローガン Connect 繋ぐ

 

 

 

 

 

 

 

 

対戦相手は、大阪ラヴィッツ

 

 

 

 

アウェーの中にあっても、ブルズの選手たちは躍動。

 

 

 

 

 

最後の最後まで手に汗握る大接戦。

 

 

 

 

 

 

結果は引き分け。順位は6位で今季を終えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 ユタさん(山川監督)の最後、勝ちたかった 』

 

 

 

涙ながらに、そう口にする選手もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

試合後、

 

 

前身のHC高山時代からチームの指揮を執ってきた

 

 

山川由加監督の退任と

 

 

 

10人の選手の退団が発表されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が取材を通して1番感じたことは、

 

 

監督・コーチ・スタッフを含めたブルズのチーム力です。

 

 

 

自分のためではなく、誰かのために頑張ろうとする気持ちや姿勢。

 

 

 

 

たくさんの感動をもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでみんなで育ててきたブルズのチーム力は、

 

 

これからのブルズにも繋がっていくと思います。

 

 

 

 

 

 

悲願のプレーオフ進出へ向け、挑戦は続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも応援しています!

 

 

 

頑張れ!ブラックブルズ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月10日、大阪・八尾市立総合体育館にて。

試合後、山川監督と古田ディレクターと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やる気・元気・ぼく、ゆうき☆

 

 

▲ページトップへ戻る