藤井 裕生 ブログ

おもひでぼろぼろ

2019/5/27 (月)

 

 

 

久しぶりに高校時代の友人と名古屋で会いました。

 

 

 

野球部で約3年間、共に汗を流した仲間です。

 

 

 

 

 

 

 

向かって左奥がエースピッチャー、右がキャプテンです。

 

ちなみに私は控えピッチャーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は29歳になる年。

 

 

 

 

『 あれからもう10年も経つなぁ…… 』

 

 

 

 

 

もちろん、当時の思い出話。

 

 

 

 

 

会うたびにいつも決まって同じ話。

 

 

 

 

 

『 〇〇高校の〇〇にめちゃくちゃ大きいホームラン打たれたよな 』

(打たれたのは私です)

 

『 あいつは妥協の神だったよなー 』

(これは私ではありません)

 

 

………などなどなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

涙が出るほどゲラゲラ大笑い。

 

 

 

飽き性の私ですが、こればかりは違うみたいです。

 

 

 

どうして飽きないんでしょう。何度聞いても面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと、友人がこんなことを。

 

 

 

 

 

 

 

『 最近、こうやって腹を抱えて笑うことってないよなー 』

 

 

 

 

 

 

 

共感。

 

 

 

 

 

 

 

 

誤解のないように、、、

 

 

日常生活で面白いことがあればもちろん笑いますし、

 

 

楽しいこともたくさんあります。

 

 

しかし、涙が出るほど腹を抱えて笑うことって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時に戻りたいか、ということに話が及びました。

 

 

 

 

 

『 1週間だけ 』、『 一生 』(笑)。

 

 

 

 

 

 

私は球速を上げるために、しっかりと身体を鍛えたいです。

 

ロード・トゥ・150キロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく、『 思い出は色褪せない 』なんて言いますが、

 

 

色褪せるものそうでないものがある気がします。

 

 

 

 

 

 

 

私の中でその時の思い出が、

 

 

 

色褪せないどころか

 

 

 

より一層キラキラ輝いて見えるのは、

 

 

 

 

気のせいなんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やる気・元気・ぼく、ゆうき☆

 

▲ページトップへ戻る