藤井 裕生 ブログ

渡る世間は

2020/2/10 (月)

 

 

みなさん、節分はどう過ごされましたか??

 

 

 

 

幼いころ、と化し(注:鬼役の意)、

 

 

「鬼は外、福は内」と、

豆まきしたのを思い出しました。

 

 

力いっぱい、思い切りぶつけていましたね。

 

 

 

鬼が可哀相だから「鬼は外」は言わず、

「福は内」だけを言う、なんてことも耳にします。

人それぞれですね。

 

 

 

 

いつからか

豆まきする機会が減ったなぁーーー

なんだか物寂しい気持ち。

 

 

 

 

 

そこで、決心しました。

 

 

 

 

 

 

今年はになろうと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても

豆を食べられる数が年々増えていくのは嬉しいですね。

わたしは『年齢の数+1』方式です。

 

 

 

といっても、

その後もなんだかんだで食べちゃうんですよね。

やめられない止まらない。

 

 

 

 

 

 

 

ここまでくると、『恵方巻』も食べたい。

立ち寄った居酒屋さんで

メニューにはない『恵方巻』をお願いしました。

「うーん、、、やってみます!!」と、

気さくな大将。

このわがままな注文に乗ってくれました。

 

 

 

 

待つこと約15分。

 

 

 

 

 

 

海苔ではなく卵、

長さはなく一口サイズに切り分けられた『恵方巻』

 

海苔は歯につくかもしれない

⇒ 卵に変更

 

長いと食べにくいかもしれない

⇒ 食べやすいサイズにカット

 

自分がイメージしていた恵方巻とのギャップの中に、

大将の優しさが詰まっていました。

 

 

 

 

 

鬼優しい。鬼うまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やる気・元気・ぼく、ゆうき☆

 

 

▲ページトップへ戻る