ぎふチャン ブログ

古川 起し太鼓

2019/4/23 (火)

4月19日は、飛騨市の古川起し太鼓の日。平成最後の満月と満開の桜のもと、神事である幽玄な祭りが繰り広げられました。

 

祭りの前に蕪水亭で懇親会も開かれました。
蕪水亭前のしだれ桜の闇の中でおそろしいほど存在感のある美しさ。

 

挨拶する 都竹市長。4月19日は毎年、起し太鼓の日ですが、中日ドラゴンズに入団した飛騨市出身の根尾くんの誕生日でもあるとか。

 

 

都竹市長の後ろに飾られている書は、新元号発表の記者会見の際、菅官房長官が掲げた墨書 “令和” を揮毫した 飛騨市古川町出身の書家・茂住菁邨(もずみせいそん)さんの作品。

“鹿鳴” と書かれています。

 

 

 

 

 

私の隣の席は、名古屋グランパスの小西社長。サッカーの話で盛り上がりました。


起し太鼓のパワーか、翌日の試合は、3試合ぶりの勝利となりました。

▲ページトップへ戻る