小林 理真 ブログ

もうすぐオープンから一周年!飛騨高山まちの体験交流館

2019/7/3 (水)

今日の飛騨地域リポートは、高山市から♪

 上一之町にある飛騨高山まちの体験交流館に行ってきました(^-^)

こちら、去年の718日にオープンした施設で、もうすぐ一周年を迎えます。

 こちらでは、飛騨地域の伝統工芸「一位一刀彫」や、さるぼぼ作りなど、様々な体験をすることができます。


 
7/3は、「組紐作り」、「竹ランプ作り」、「木版画でモービル作り」の体験ができ、この中から組紐作りを体験させてもらいました。

 映画「君の名は。」で注目を集めた組紐。
映画の中でも、三葉が組紐を作るシーンがありましたよね^ – ^

 私もずっとやってみたいと思っていたので、今日は念願が叶って嬉しい♪

 先生に教えてもらいながら、飛騨高山の丸台を使って作っていきます。

決められた順番に、斜め、上下に動かしていくと、3色の糸が綺麗に合わさって、一つの紐になっていきます。

最初は難しそうだなと思っていたんですが、やってみるとそんなに難しくなかったですよ(^^)
綺麗にできました~♪
紐の色は12色ある中から好きな組み合わせで選べます。

こちらは「竹ランプ」
丸い穴から光が出て綺麗ですよね(*´艸`*)
好きなデザインを決めて、竹にドリルで穴を開けて作っていきます。
こちらも、先生によると小さなお子さんでも簡単に作れるそうですよ〜。

 

 「木版画でモービル作り」
先生が予め作られた版画で、和紙に色をつけ、金魚になるよう色を重ねていきます。

 

こちらの吊り下がっている金魚がモービルです。

 何かを作るって楽しいなと、今日改めて思いました。

 飛騨はみんな温かい人ばかりなので、そんな皆さんとコミュニケーションを取りながら作れるのも良いところです☆

 皆さんも是非、もうすぐ一周年を迎える「飛騨高山まちの体験交流館」に行って、飛騨の伝統文化に触れて体験してみて下さい。

日によって体験できる内容が変わりますので、詳しくは飛騨高山まちの体験交流館のHPをご覧くださいね。

高山市上一之町35-1

 

 

▲ページトップへ戻る