西 金之助 ブログ

国生さん、美しさ「半端ない!」

2018/7/4 (水)

3都市4城連携協定記念「大垣城ゆかりの城シンポジウム」が

6月30日(土)大垣市総合福祉会館で開催されました。

その中で、開催記念トーク「スペシャルトークショー」が

女優の国生さゆりさんをお招きして行われました。

私は、トークショーの聞き手を務めさせていただきました。

大垣市は、今年、市制100周年を迎えます。

また、大垣市は、フレンドリーシティとして、鹿児島県・鹿児島市、

鹿児島県・日置市と交流があります。

そこで、今回、大垣市と縁の深い鹿児島県出身の国生さゆりさんに

お越しいただくことになったそうです。

「本場大島紬大使」を務める国生さんのお召しものは、もちろん「大島紬」。

鹿児島県奄美大島を発祥の地とする絹織物で、日本の民族衣装を代表する

着物の女王とも言われています。

(ご本人も、お着物も、美しさ半端なかったです)

(サッカー日本代表の大迫選手も鹿児島県の出身)

国生さんには、ふるさと(鹿屋市)の魅力やおニャン子クラブ時代のエピソードなど

時間いっぱい語っていただきました。

そして、最後には、昨年「国生体操」という著書が発行された話題を・・・。

ご本人の言葉を借りますと、50歳になる頃に訪れた「国生の危機」。

衣装のサイズが、お腹が、あごのあたりが・・・。

そして、強烈だった友人のひとこと。あるとき鹿児島で温泉に入っている時、

「さゆりちゃん、背中がおじさんだね」。

そこで「あのころ」の国生さゆりに戻ろうと心に誓い、

トレーニングを始めたそうです。

▲ページトップへ戻る