オカダ ミノル ブログ

「オカダミノルの残り物クッキング2017.12.05 On Air」

2017/12/5 (火)

「新潟名物へぎ蕎麦と、神岡とんちゃん」

先日スーさんと、二人ロケでお邪魔した、新潟県長岡市で買い求めてまいりました、乾麺のへぎ蕎麦と、これまた先日の飛騨古川円光寺Liveの折りに、飛騨のリスナーさんから、神岡名物のとんちゃんを頂戴しておりました。

 

今回は、おそがけの夏休み明けでもございまして、珍しく冷蔵庫の中の残り物もきれいさっぱり無くって、ならばいっそとばかりに、へぎ蕎麦と神岡とんちゃんの不思議な組み合わせを、ササッと作り上げた次第です。

 

蕎麦粉に布海苔が練り込まれたへぎ蕎麦は、腰が強くざる蕎麦の要領で茹で上げ、冷水で絞めて皿に盛り付けました。

 

出汁は、本枯れ鰹の荒節と、利尻昆布で煮出し、そこに醤油とわずかばかり酒を加えた、甘みの無いキリッとしたそば汁に仕立て、刻み葱と粉山椒を振り掛けていただきました。

 

一方の神岡とんちゃんは、添えられておりました作り方のお手紙に従って、まずはとんちゃんをフライパンで良く炒め、ある程度とんちゃんに火が通った所で、キャベツのざく切りとネギのブツ切り加え、後はとんちゃんの浸けダレが無くなるまで炒め上げたら完成。

 

今回の調理時間は、約7分。

 

あっさりとしたへぎ蕎麦に、ほんのり甘辛くこってり仕上がった神岡とんちゃんとの相性が、これまたビールにドンピシャで、ついつい箸を持つ手が止まらなくなったほどでした。

▲ページトップへ戻る