オカダ ミノル ブログ

「オカダミノルの真夜中の残り物クッキング」2018.09.11

2018/9/11 (火)

 

「なぁ~んちゃって餡かけ焼きビーフン」

台湾土産として購入したビーフンを、さてどうやって工夫してみるかと、冷蔵庫を眺めておりました。

 

そこで、米粉で出来たビーフンであれば、いま巷で流行りのグルテンフリーの、極細パスタと考えりゃあ良いんだと開き直り、この地方特有の餡かけスパゲティーならぬ、餡かけビーフンもどきにしてしまいましたのが、今回のこの作品「なぁ~んちゃって餡かけ焼きビーフン」でございます。

 

まず、ピーマン・玉ねぎ・椎茸を細切りにし、厚切りのベーコンを3mmほどに、そして焼き豚も薄切りにしておきます。

 

次にビーフンをベキベキッと折って笊に入れ、水にしばらく浸け、ビーフンが少し水を吸ったところで、余分な水気を切っておきます。

 

そして小鍋で湯を沸かし、たっぷり目にコンソメを入れ、白ワイン少々、ブラックペッパー、そしてケチャップを入れ、お好みの味に調えます。

 

続いてフライパンに油をひき、まずは冷凍のシーフードミックス、細切りにした野菜、ベーコンと焼き豚の順で炒め、塩とブラックペッパーを振ります。

 

それらを少し炒めたら、小鍋で味を調えたソースを注ぎ、そこにビーフンを加え、ソースの汁けがなくなるまで炒め煮れば完了。

 

今回の餡かけソースには、水溶き片栗粉を加えておらず、トロッとした後乗せの餡にはなりませんが、ビーフンを炒め煮るのにちょうどよい、水の変わりとなり味がよく絡みました。

 

中華でもなく、また日本風のイタリアン擬きとも異なり、ビーフンはどこまでいってもビーフンの食感を保ったままの、なんとも美味しい一品となりました。

 

今回の調理時間は、約5分。

 

餡のとろみがついていないだけの、この地方の餡かけスパゲティーとも異なり、やっぱりビーフン独特な食感が冴えた出来栄えとなり、ビールにこれまたドンピシャな作品となりました。

▲ページトップへ戻る