オカダ ミノル ブログ

「オカダミノルの真夜中の残り物クッキング」2018.12.11 On Air

2018/12/11 (火)

「トーフステーキのロカボナッツと伊勢芋のクリームソース~オカポンの神岡とんちゃん味添え」

気象協会の北村さんから、随分前にいただいた伊勢芋が、もう一つベランダで保存してあったのを思い出し、それを使い切ってしまわねばと、挑戦してみました作品が、今夜の「トーフステーキのロカボナッツと伊勢芋のクリームソース~オカポンの神岡とんちゃん味添え」でございました。

 

まず伊勢芋の皮を剥き、賽の目大に切りフードプロセッサーの中に入れます。

 

次に、袋に入ったまま擂り粉木で砕いたロカボナッツと、バター、チーズ、生クリーム、鶏ガラスープ、昆布と鰹で煮出した和風出汁を少々、醤油、酒を適量、最後に軽く塩コショウを振り、フードプロセッサーの伊勢芋の上から注ぎ入れ、後は磨り潰してクリーム状にしておきます。

 

そしてフライパンでバターを溶かし、よく水を切ったステーキ状の豆腐に、軽く塩とブラックペッパーを振って、豆腐の両面をしっかりと焼いて、皿に盛り付けます。

 

次に豆腐ステーキの半分ほどに、クリーム状に仕立てたクリームソースを盛り付け、最後にクリームの上にオカポン神岡とんちゃん味を添えれば完了。

 

今回の調理時間は、約6分。

 

一見酒のつまみの、いつもの山芋掛けの豆腐ステーキのようですが、伊勢芋が生クリームやらチーズ、それにロカボナッツと見事に絡み合い、何処となく洋風な味わいのクリームソースとなり、とてもナイスなコンビネーションで、思わず箸が止まらくなるほどでした。

 

また、オカポン神岡とんちゃん味の味噌風味とオカポン独特なあの食感が、まったり仕上がった伊勢芋クリームソースに塗れ、バツグンなアクセントを加えてくれました。

▲ページトップへ戻る