オカダ ミノル ブログ

「オカダミノルの真夜中の残り物クッキング」2019.04.23 On Air

2019/4/23 (火)

「サーモンとアボカド添えビーフンwithコーンクリームソース」

 

これまた保存庫に、埃をかぶったままの、コーンクリームがございました。

また、台湾ロケの時に買って、一部を使ったまま保存してありましたビーフンを、そろそろ何とかせねばと、編みいだしましたる作品が、今回の「サーモンとアボカド添えビーフンwithコーンクリームソース」でございます。

まず、小鍋にコーンクリーム缶を開け、牛乳を注ぎ入れ、とろ火でよく混ぜ合わせ、前に作ったまま冷蔵保存してありました、Honey Babeの豚バラ肉を塩コショウで炒めただけのものを投入し、ソースに馴染ませます。

次に鍋で水を沸かし、オリーブオイルをたっぷり注ぎ、そこでビーフンを茹で上げ、よく湯切りして皿に盛り付けます。

オリーブオイルがビーフンに絡むため、湯切りした後も麺が引っ付きません。

次に、サーモンとアボカドのスライスを添え、コーンクリームソースを盛り付ければ完了。

今回の調理時間は、約5分。

炒め物のビーフン以外、食べたことはありませんでしたので、どんな塩梅になるものやらと、実は半信半疑ではございましたが、コーンクリームソースが茹で上げただけのビーフンにあっさりと絡み、また彩にと添えたサーモンとアボカドにも、ほんのりとコーンの甘さが纏わりつき、やさしい味わいとなりました。

今回も、塩コショウや調味料は一切使用せず、しいて上げるならば、残り物のHoney Babeの、豚バラ肉を塩コショウで炒めただけの、その味だけが唯一加わっただけです。

ですから余計に、コーンの甘い風味が保たれたのではないかと、思っております。

▲ページトップへ戻る