オカダ ミノル ブログ

「オカダミノルの真夜中の残り物クッキング」2019.07.09 On Air

2019/7/9 (火)

「ズッキーニとHoney Babeの味噌ソテー~油揚げピザ」

 

先日ほうずきさんから、「畑で採れ始めたズッキーニ。まだまだ黄色のかわいい花が咲いて準備中のようです。ぜひズッキーニ料理を教えてください」と、リクエストを頂戴しておりました。

そこでちょいと頭を捻って編みいだしましたる作品が、今回の「ズッキーニとHoney Babeの味噌ソテー~油揚げピザ」でございます。

まずズッキーニは厚さ1cm程の輪切りにし、それを1/4にカットしておきます。

次にHoney Babeのトンカツ用の厚切りロースを筋切りし、さらにゴロゴロと賽の目切りにしボールに入れ、そこへ紹興酒を注いで肉にもみ込み、さらに小麦粉を少々振りかけ、再び満遍なく揉み込んでおきます。

次にフライパンにオリーブオイルをひき、肉とズッキーニをよく炒め塩コショウを軽く振り、日本酒を少々と角久の味噌かつソースをたっぷり注いで絡め、いただきものの小ミカンという唐辛子を振り掛けます。

そして長さ15cmほど、幅10cmほどの油揚げの上に、ズッキーニとHoney Babeの味噌ソテーを乗せ、その上からたっぷりととろけるチーズを盛り付け、後はオーブントースターでチーズに焦げ目が付くまで焼き上げれば完了。

先程の角久の味噌かつソースは、たまたま使い掛けが残っていましたので、それを使いましたが、掛けて味噌食べて味噌でも勿論大丈夫ですし、小ミカンという唐辛子の代わりに、一味や七味の唐辛子でも勿論結構です。

ぼくは彩に、これまたいただきものの、佐藤錦の紅秀峰を2粒添えてみました。

今回の調理時間は、約7分。

ズッキーニと、脂身の甘さが特徴の長野県飯田市のハヤシファームが誇る、Honey Babeの旨味と味噌がドンピシャに絡み合い、そこへもってチーズのまったりとした旨味が覆いかぶさり、何とも言えぬ絶品となりました。

またピザ生地に油揚げを使いましたので、お腹にドーンと来ることも無く、ビールのあてには最高の一品で、ペロッと平らげてしまったものです。

これならば、お子様にもバカ受け間違いなしの作品ですので、ぜひお試しいただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

▲ページトップへ戻る