小沢 典子 ブログ

西日本豪雨から2年・・・

2020/6/27 (土)

甚大な被害をもたらした、西日本豪雨から間もなく2年を迎えます。

当時、岡山で仕事をしていた私は被災直後から、特に被害の大きかった

倉敷真備町で取材を続けてきました。

真備町は地区の3割が水没しました。

そこで出会ったのが、うどん店を営む柴田勇樹さんです。

店も自宅も全壊し、「地獄ですね、全く先が見えない」とつぶやいた言葉が

胸に突き刺さりました。

何も力になれないことが、本当に辛かったです。それでも、被災した人たちから

現実を伝え続けてくださいという言葉を頂き、伝えていくことの大切さを感じました。

その後、柴田さんは、あきらめず自宅の庭にテントを立てて仮店舗での

営業を始めます。真備を元気にしたいという強い思いでの決断でした。

私も、このテントでうどんを頂きました。心のこもった味を今でも覚えています。

 

そして、今年4月1日店の再開にこぎつけました。

 

前を向いて進む柴田さんは、多くの人の支えがあったと話します。

(※写真はすべて柴田さんが撮影したものです)

7月1日放送の「小沢典子のコットンタイム」では

柴田さんに電話インタビューをする予定です。

倉敷市真備町の2年と今、そして店の再開までの思いを伺いますので

ぜひ、お聞きください。

▲ページトップへ戻る