小沢 典子 ブログ

図書館の話

2020/7/4 (土)

7月8日放送の「小沢典子のコットンタイム」は

今週に続き、西日本豪雨から2年について取り上げます。

町の3割が水没した倉敷市真備町では、図書館も甚大な被害を受けました。

約3.5メートル水に浸かり一般書や児童書など12万7000点が

全滅しました。

 

 

被災する前は、多い日には1日600人ほどが利用していた憩いの場でした。

自宅にあった本を豪雨で失ってしまった住民も少なくありません。

大切な施設がなくなることが、生活に大きな影響を及ぼすことを痛感しました。

 

そこで、真備図書館は仮設住宅などをまわる移動図書館によって

本を貸し出す取り組みを続けてきました。

訪れた人からは、本を読むことで

気持ちが明るくなったという声を多く聞きました。

番組では、真備図書館の藤井広美館長に電話インタビューする予定です。

人との絆を感じたという2年間と今後について伺います。

▲ページトップへ戻る