下岡 陽子 ブログ

リポーターブログ 5月10日(木)、5月17日(木)

2018/5/28 (月)

「お茶の間ステーション2時6時」のリポートを
大野町、関市からお送りしました!

☆5月10日 2時のリポート☆
「バラまつり大野2018」

バラの苗木の生産量日本一の大野町で5月31日まで開催の
バラまつり大野2018について、
大野町役場観光企業誘致課の小森さんにうかがいました。
150種類、2,000株のバラはそれぞれ個性豊か。
香りが華やかな「夜来香(イエライシャン)」や青いバラ「ブルーヘブン」など
素敵なバラに囲まれて幸せな気分になりました。
バラのアーチもSNS映えばっちりですよ!
夜間にはライトアップされ、昼とは違った幻想的な光景が見られるそうです。
隣接する物販会場では生産者によるバラ苗の販売も行われ、
他では手に入らない珍しい品種が並ぶこともあるとか。

【大野町バラ公園】
揖斐郡大野町加納650
0585-34-1111(大野町役場観光企業誘致課)

☆5月10日 3時のリポート☆
「黒野駅レールパーク5周年」

5周年を迎えた黒野駅レールパークにお邪魔しました。
名古屋鉄道旧黒野駅の駅舎やプラットホーム、レール等が保存されている公園です。
駅舎を改装した黒野駅ミュージアムにはカフェや休憩所があり
運行当時の写真などが展示されているほか、
大野町内を名鉄電車が走る様子を再現したジオラマもあります。
ジオラマは、ご出演いただいた特定非営利活動法人くろのの山田さんをはじめ
地元有志が手作りした力作で、4メートル四方の特大サイズ。
電車はもちろん、街並みや神社などの建築物を精巧に再現してあります。
外にある揖斐・谷汲線の赤白電車のミニチュア(モーター付きで人を乗せて
動かすこともできます!)も必見です。

【黒野駅レールパーク】
揖斐郡大野町黒野560−4
0585-32-5001

☆5月17日 2時のリポート☆
「彫刻刀の世界ひろがる」

義春刃物は約100年前に京都で創業した刃物メーカーで、
学童向け彫刻刀は全国シェアNO.1を誇っています。
(私も小学生のころ使っていました!)
企画開発課の田中さんと、インターンの大学生髙士さんにお話をうかがいました。
彫刻刀に似た刃で肉の筋切りを行うキッチン用品「niXaX(ニクサス)」や、
彫刻刀で削るとステンドグラスのように鮮やかな色が現れる
彫刻アート「シャインカービング」など個性的な商品を続々開発しています。
久しぶりに彫刻刀で彫ってみると…やっぱり楽しい♪♪
ウェブサイトには“彫刻刀Youtuber よっしー”こと髙士さんによる
面白くてためになる動画なども掲載されています。

【義春刃物株式会社】
関市旭ヶ丘3-17
0575-23-3000

☆5月17日 3時のリポート☆
「まほうをかける魚屋さん」

5月14日に正式オープンしたばかりの「おさかなラボ」は、
魚を冷凍の真空パックで販売し、店頭には商品カードのみで
魚が並んでいない変わった魚屋さんです。
もともと学校給食などに魚を提供してきたノウハウをいかし、
照り焼きやレモンペッパーなど味付けの“まほう”をかけて、
魚嫌いの子どもも食べやすくなっています。
賞味期限も半年ほどある上、県産の魚も扱っていて、
スタッフの加野さんによるとお年寄りや主婦など
様々なお客さんに好評だということです。
新鮮なおいしさが長持ちするのは嬉しい!ということで
私も買いだめしましたよ♪♪

【おさかなラボ】
関市本町四丁目10
0575-38-9107

▲ページトップへ戻る